2007年12月23日

目の病気

病気は、一般的に発症する部位によって分類されますが、目の病気も同様です。
主なものとしては、まぶたの病気、角膜・強膜の病気、水晶体の病気、硝子体の病気、眼底の病気、視神経の病気などがあります。
まぶたの病気として最も有名なのは、一般に“ものもらい(麦粒腫)”で、ブドウ球菌などに感染することによって起こります。
水晶体の病気としては、白内障がよく知られていますが、これは目のレンズである水晶体に濁りが生じる病気です。
眼底の病気としては、網膜剥離などが知られています。これは加齢や体質が関係して起こる場合がほとんどですが、ぶどう膜炎や眼球腫瘍によって起こる場合もあります。


網膜剥離は視力の急速な低下を引き起こすため、早急な治療が必要になります。


硝子体の病気には飛蚊症などがあります。これは硝子体に生じた浮遊物が網膜に影を落とすことで、蚊が飛んでいるように見える病気です。


飛蚊症は生理的なものであり、特に心配することはありませんが、まれに網膜剥離などの前駆症状として起こることもあります。


パッチリふたえ
ミセスダイエット
目くま 治療
モデルアルバイト
エピクリアクリーム
ハイドロホワイトクリーム
更年期障害の症状
足やせダイエット
パスモ
データ復旧
C型肝炎インターフェロン




posted by ライター at 20:06| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

ペットと病気

病気になったとき、人は言葉によって身体の病状を伝えることができます。


しかし、言葉をしゃべれないペットたちは、体調が悪くても、それを直接飼い主に伝えることはできません。


ですので、病気の早期発見のため、飼い主の方でペットの健康に気を配ってあげることが必要になります。


まず注意しなければならないのは、体の変化。鼻が乾く、急にやせる、毛のツヤがなくなる、悪臭がする――このような変化が出たら要注意です。


また、ペットがいつもと違う行動を取ったときも、何らかの病気にかかっている可能性が考えられます。


例えば、睡眠時間が異常に長くなる、食欲がなくなる、動きたがらない(散歩をいやがる等)など。このような症状に気づいたら、速やかに獣医に相談するようにしてください。


なお、飼い主が気づいてあげられることには限界があるので、ペットの病気予防のためには、定期的に獣医に診てもらうことも大切です。


乾燥肌を防ぐ
イオン銀行活用法
肌荒れ原因と対策




posted by ライター at 16:35| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

女性の病気

病気の中で、「女性の病気」と呼ばれるものがあります。女性にしか起こり得ない病気という他に、女性の方が男性よりも起こりやすい病気――というふうにとらえ方を広げると、非常に多くの病気がそれに該当します。


まず、女性以外に起こりえない病気としては、女性のみが有する臓器の病気、つまり子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫、あるいは月経に関する病(無月経など)といったものが挙げられるでしょう。


乳ガンや乳腺炎は、一般に女性だけの病気と考えられがちですが、まれに男性も罹患することがあります。


男性より女性の方がかかりやすい病気には、鉄欠乏性貧血、低血圧症、慢性腎不全、膀胱炎、慢性関節リウマチなどがよく知られています。


骨粗鬆症も、男性より女性の方が起こりやすいのですが、これは女性ホルモンと関係しています。

キッズケータイ
乾燥肌のかゆみ
ヒゲの永久脱毛
五十肩の治療法
乱視の矯正

posted by ライター at 10:54| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供を蝕む生活習慣病

病気の中で、糖尿病、高血圧、高脂血症、心筋梗塞といったものは、大人のがかかるものである――と考えられてきました。


しかし現代では、これらの病気にかかる子供が増えており、“小児生活習慣病”あるいは“小児成人病”などという名前で呼ばれています。


子供がこういった病気にかかる原因は、外食等による摂取カロリーの増大(高カロリー食・高脂肪食のとりすぎ)や、運動不足などが指摘されています。


また、近年は胃潰瘍などの病気にかかる子供も増えていますが、これは、受験勉強による過度のストレスが原因であるといわれています。


子供の胃潰瘍は、傷は深くないものの急速に広がりやすいという特徴があります。


塾通い等、ハードなスケジュールに追いまくられている子供が、急に腹痛を訴えた場合などは、要注意です。


自宅でパソコンを使って仕事をしよう
60歳再就職
肥後銀行
パソコンで稼ぐ方法
風来シレン2攻略
posted by ライター at 10:48| Comment(5) | TrackBack(4) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。