2007年12月16日

ペットと病気

病気になったとき、人は言葉によって身体の病状を伝えることができます。


しかし、言葉をしゃべれないペットたちは、体調が悪くても、それを直接飼い主に伝えることはできません。


ですので、病気の早期発見のため、飼い主の方でペットの健康に気を配ってあげることが必要になります。


まず注意しなければならないのは、体の変化。鼻が乾く、急にやせる、毛のツヤがなくなる、悪臭がする――このような変化が出たら要注意です。


また、ペットがいつもと違う行動を取ったときも、何らかの病気にかかっている可能性が考えられます。


例えば、睡眠時間が異常に長くなる、食欲がなくなる、動きたがらない(散歩をいやがる等)など。このような症状に気づいたら、速やかに獣医に相談するようにしてください。


なお、飼い主が気づいてあげられることには限界があるので、ペットの病気予防のためには、定期的に獣医に診てもらうことも大切です。


乾燥肌を防ぐ
イオン銀行活用法
肌荒れ原因と対策




posted by ライター at 16:35| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。